パソコンが24時間利用できるサーバー環境

パソコンが24時間利用できるサーバー環境

パソコンとサーバーの違いは何か?

随分前の事だったと思いますが、サーバーがダウンして大パニック、というCMが見た覚えがあります。皆さんはありませんか?そのとき、会社の同僚からパソコンとサーバーは何が違うの?と聞かれました。私には自明の理だったのですが、意外に曖昧な知識なのかなと思いました。そんなわけでパソコンとサーバーの違いを説明したいと思います。サーバーとはネットワーク上機能やサービスを提供するコンピュータの事をいいます。因みにサービスを受ける側のコンピュータをクライアントといいます。サーバーには提供するサービスに応じて、様々な種類の機能やサービスがあります。例えば1台のプリンタを複数のコンピュータ(クライアント)で共有できるようにする、プリントサーバー等があります。これは会社で仕事をされている方は、馴染みのある機能ではないでしょうか。つまりパソコンは、そのネットワークに接続すれば、サーバーの提供するサービスを受ける事ができるのです。パソコンとサーバーは基本的な作りは同じですが、業務用のサーバーは24時間365日動かしているものですから、それでも大丈夫だというものでなければなりません。ですから、サーバーにはハードディスクやOS等に動作に安定性があり、かつセキュリティ性の高い製品が組み込まれています。また家庭でもサーバーを利用する機会が増えています。複数のパソコンをつないだホームネットワーク上でパソコンにサーバー機能を持つソフトを入れてファイルを共有したり、プリンターにプリンターサーバーという専用機をつないで、1台のプリンターを共有したりする事もできるようになりました

パソコンとサーバーは基本的な作りは同じですが、業務用のサーバーは24時間365日動かしているものですから、それでも大丈夫だというものでなければなりません。ですから、サーバーにはハードディスクやOS等に動作に安定性があり、かつセキュリティ性の高い製品が組み込まれています。ちなみに業務用のサーバー用OSはWindows系とUNIX系の2種類に別れます。特徴としては安定性・信頼性重視、堅牢性・稼働性重視、冷却用のファンを複数搭載していて騒音が大きい、保守運用が容易といったところでしょうか。概ねこのような認識でいいのではないかと思います。友人にはそのとき、眼の前に会社のパソコンがあったので、簡単にそれを操作しながら説明したので、より解りやすい説明だったかと思います。

お勧めのサイト

Copyright 2017 パソコンが24時間利用できるサーバー環境 All Rights Reserved.